強靭な一級建築士
強靭な一級建築士
ホーム > 注目 > 汚れや紙の皺など

汚れや紙の皺など

通常の不動産取引では、登記、金銭授受、物件引渡しなど一切を終えるのに、最低でも半年ほどはかかると思って間違いありません。

 

3ヶ月ないし更に短期間での現金化が必要であれば、中古市場に出すのではなく、不動産会社の買取制度を利用する手もあります。

 

市場価格より割安の取引になるのは確実ですから、充分に考える必要があるでしょう。

 

ただ、確実かつ速やかに住宅を売ることができるという点では最も良い手段ではないでしょうか。

 

何かと話題になったマイナンバーを提示しなくてはいけないことがマンションなどの不動産物件を売った時にはあるのです。

 

とはいえ、提示が必要なのは売手が法人ではなく個人であって、さらに、買うのが法人だった時に限定されるのです。

 

さらに、その場合でも例外があります。

 

売却の金額が100万円以下の場合、売り主のマイナンバー提示はいりません。

 

マイナンバーの提示が必要な時には、買主が不動産物件を買った時に税務署に出す書類への記入が必要なので、売り主側がマイナンバーを提示しなければなりません。

 

住宅を売却する際、権利証を紛失もしくは滅失している場合は具体的にはどのようになるのでしょうか。

 

本来は権利書なしに長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに発行元ですらそれらの書類を再発行することはできないのです。

 

そのような状態で売却するには方法があります。

 

司法書士に頼んで「本人確認情報」というものを作ってもらうことで権利証なしでも売買可能になります。

 

しかし日にちがかかる上、費用も3万から7万円くらい見ておかなければいけませんから、権利書はしっかり保管しておくに限ります。

 

ちなみに汚れや紙の皺などは不問です。

http://floridapostpartum.com/