強靭な一級建築士
強靭な一級建築士
ホーム > 注目 > 一体誰が責任を取るのだろう

一体誰が責任を取るのだろう

強行反対へのデモとして

数千人が集まったということが

ニュースになっています。

この件への反応を見てみました。

 

mxx***** | 3時間前 

『やましい事無かったら、怖い法律じゃなくない?』

 

これは子供の意見。

 

『牛歩うける?ガキみたい?』

 

これも子供の意見。

 

そして、私が教えた事は

 

『そういう人もいるんだよ。なりたくなけりゃ、反面教師にすればいい』

2

0

返信0

ziisann | 3時間前 

≪ 告 ! ≫

私はデモには参加できないが『投票』には必ず行き反対を表す

2

4

返信0

taro | 3時間前 

集まるのはまた「プロ」と韓国人か・・・。

6

1

返信0

hjp***** | 3時間前 

、アルバイトの老人が活躍ですね。

1

1

返信0

yam***** | 3時間前 

なんでそんなに嫌がるん?

なんかこの法案に引っかかることしてるから?

それとも決定的な欠陥があるから?

もし後者ならそれがなになのか誰かおしえてくれ。

3

2

返信0

kab***** | 3時間前 

暇なんですね、日当は出るんでしょうか?

2

2

返信0

vag***** | 3時間前 

この時期にどうして「共謀罪」を成立させるのか、本当の意味を知っている国民がどれだけいるのか。

きちんと経緯を報道しないマスコミも悪いし、政府の説明不足もある。

 

そもそも、国連加盟国193カ国のうち、182か国が締結している「国際組織犯罪防止条約」に日本は締結できていない。

先進国では唯一日本だけだ。

締結の要件である「共謀罪」の規定が日本にはなく、今回の法整備はそのためのものだ。

 

東京五輪を控えた日本でテロを未然に防ぐには法案の成立は必要なものだ。

 

この法案を否定することは、既に共謀罪の規定を持つ欧米各国の判断を否定することにも繋がる。

 

「共謀罪NO」と掲げる若者の主張は自由だが、この手の連中の主張は海外では全く通用しないし、理解もされないだろう。

 

これで法案が成立せず、国際組織犯罪防止条約を締結できず、日本で起きる大規模テロが未然に防げなかったら、一体誰が責任を取るのだろうか?

5

3

返信0

荒縄静 | 3時間前 

国会前で某アーパー・ケバケバ女性議員の秘書とデモ集団、衝突してたな!

内ゲバ集団なんて恐ろしくて誰も近寄りたくないよなぁw

あいつら、まさに適用対象だわ。

1

0

返信0

GG | 3時間前 

この数千人、共謀罪対象者ってバレバレじゃん

2

1

返信0

ysh***** | 3時間前 

数千人じゃ少ないな

1

0

プラステンアップ